現在のページ(パンくずリスト)
トップ > 文芸書 > 書籍情報詳細

文芸書

さなとりょう

表紙イラスト 沙村広明

価格

1600円+税

判型

四六判

ページ数

344ページ

ISBNコード

9784778315597

搬入年月日
[?]

2017.3.06
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2017.3.07-

編集部より

デジタル版はこちら!

  • さなとりょう キンドル版を購入
  • さなとりょうをBookWalkerで購入
  • さなとりょうをDMMで購入
  • さなとりょうYONDEMILLで購入

書籍の説明

鬼小町の異名を持つ女剣士「さな」、
天衣無縫のうわばみ女「りょう」、
二人が挑むは幕末最大の謎、
「坂本龍馬暗殺事件」

女の一分、立たせていただく!

「新人の第一作だと侮るなかれ。はやくもこの一巻、今後の時代小説界の台風の目となるかもしれぬ!」――縄田一男(文芸評論家)

「謎解き、活劇、せつない恋愛、そして龍馬暗殺の意外な真相――すべてが詰まった傑作時代小説だ。まさに龍馬没後一五〇年の今年に相応しい。」――末國善己(文芸評論家)

「新人のデビュー作にして、時代ミステリーの収穫。これは、とんでもない作品である!」――細谷正充(文芸評論家)

明治6年(1873年)秋。江戸城掘端に近い桶町の、北辰一刀流千葉道場を訪れた一人の女によって道場主の娘「さな」の災厄は始まった。女はかつてこの道場に通った土佐藩士、坂本龍馬の妻「りょう」と名乗ったが、さなはその龍馬の許嫁だったからだ。決して出会ってはならない二人の女が出会い、やがて、維新の闇に隠された事件の謎と巨大な陰謀が浮かび上がってくる。反目し合いながらも共に真相を追う、二人の前に現れた意外な黒幕の正体とは!?
圧倒的な迫力と疾走感で描かれるエンタテインメント時代小説、ここに誕生!!

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

メディア掲載情報

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

1956年滋賀県生まれ。日本大学法学部卒業後、数年の編集者生活を経て、1985年漫画原作者へ転身。本書がはじめての時代小説である。