現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

アメリカ超能力研究の真実――国家機密プログラムの全貌

加藤万里子(訳)

『アメリカ超能力研究の真実――国家機密プログラムの全貌』 著:アニー・ジェイコブセン

価格

2800円+税

判型

四六判並製

ページ数

548ページ

ISBNコード

9784778316228

搬入年月日
[?]

2018.3.15
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2018.3.30-

デジタル版はこちら!

  • アメリカ超能力研究の真実――国家機密プログラムの全貌 キンドル版を購入

書籍の説明

ESP、サイコキネシス…
ユリ・ゲラーなど多数の関係者が初めて明かす!

政府の極秘プログラムは
いかに発動・展開されたか?

1950年代初期から40年以上、国家安全保障という名の下でアメリカ政府主導により超能力(予知、透視などのESPや念動力などの直感的認知)研究プログロムが行われてきた。極秘プログラムの目的は、ロシアを代表とする共産側の情報収集と国家安全保障の脅威を予知することだった。研究を主導した諜報および軍の機関はCIAから国家情報局、国家安全保障局、陸海空軍、統合参謀本部まで多岐にわたる。
政府はなぜ超能力に関心を寄せたのか? 超能力はどのように活用されたのか? 機密解除された文書と50人以上の関係者、ユリ・ゲラーなどの被験者への取材をもとに全貌を明らかにした全米ベストセラー作家のノンフィクション。

*モノクロ図版40点収録

〈原題〉
Phenomena: The Secret History of the U.S. Government's Investigations into Extrasensory Perception and Psychokinesis


★原注をPDF形式で公開しています。以下よりダウンロードが可能です。
『アメリカ超能力研究の真実』原注・PDF形式・約1MB

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

目次

プロローグ
第1部 初期
 第1章 スーパーナチュラル
 第2章 プハーリッチ理論
 第3章 懐疑論者とペテン師とアメリカ陸軍
 第4章 疑似科学
 第5章 ソ連の脅威
第2部 CIAの時代
 第6章 ユリ・ゲラーの謎
 第7章 月面に立った男
 第8章 物理学者と超能力者
 第9章 懐疑論者対CIA
 第10章 遠隔視
 第11章 無意識
 第12章 潜水艦
第3部 国防総省の時代
 第13章 超心理物理学
 第14章 サイキック兵士
 第15章 気功と銭学森の謎
 第16章 殺人者と誘拐犯
 第17章 意識 
 第18章 サイキック・トレーニング
 第19章 第三の眼を持つ女
 第20章 ひとつの時代の終わり
 第21章 人質と麻薬
 第22章 転落
第4部 現代
 第23章 直感、予感、合成テレパシー
 第24章 科学者と懐疑論者
 第25章 サイキックと宇宙飛行士

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

アニー・ジェイコブセン Annie Jacobsen
調査報道ジャーナリスト。〈ロサンゼルス・タイムズ・マガジン〉の編集に携わるほか、多くの雑誌に寄稿。極秘軍事基地の真実を暴き衝撃を与えた『エリア51』は〈ニューヨーク・タイムズ〉のベストセラー・リストにe-bookとともに10週以上ランクインした。