国際写真展『Tokyo Photo 2011』 今日から3日間
アートとデザイン

国際写真展『Tokyo Photo 2011』 今日から3日間

今日23日より、東京・六本木の東京ミッドタウンホールAにて、写真作品の国際アートイベント『Tokyo Photo 2011』が開催される。

このアートイベントは、国内外有数のギャラリーが集まり、写真作品の展示・販売を行うもの。今年で3回目を迎えるこのイベントは、写真の見本市としてはアジア最大級を誇り、東京、ロンドン、ニューヨーク、アムステルダム、パリなど、世界各地のギャラリーから500点以上の写真作品が集められている。

今回の目玉となるのは、日英・日仏による二つの特別企画。英国国立美術館テート・モダンの写真キュレーター・サイモン・ベーカーによる特別企画「Chris Shaw: Before and After the Night Porter」では、ロンドンの現代写真家における日本写真の影響を紹介。

また、フランス大使館主催による「日本とフランス、共に明日に向かって」には、篠山紀信、田原桂一、川内倫子、長野陽一、Phillip Chancel、Jean-Luc Vilmouthほか、日仏の写真家8名が参加。日仏のフォトグラファーが見た東日本大震災の写真が展示され、収益の一部は被災地復興へ向け募金される。

『Tokyo Photo 2011』は、東京ミッドタウンホールA(港区赤坂9-7-1 B1F)にて、9月23日(金)~25日(日)まで開催。開催時間は23日、24日が11:00~20:00、25日が11:00~18:00。

※画像クレジット Ryan McGinley "Butterfly", 2010 Image courtesy of Ratio 3, San Francisco

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ