国際写真展『Tokyo Photo 2011』 今日から3日間
アートとデザイン

国際写真展『Tokyo Photo 2011』 今日から3日間

今日23日より、東京・六本木の東京ミッドタウンホールAにて、写真作品の国際アートイベント『Tokyo Photo 2011』が開催される。

このアートイベントは、国内外有数のギャラリーが集まり、写真作品の展示・販売を行うもの。今年で3回目を迎えるこのイベントは、写真の見本市としてはアジア最大級を誇り、東京、ロンドン、ニューヨーク、アムステルダム、パリなど、世界各地のギャラリーから500点以上の写真作品が集められている。

今回の目玉となるのは、日英・日仏による二つの特別企画。英国国立美術館テート・モダンの写真キュレーター・サイモン・ベーカーによる特別企画「Chris Shaw: Before and After the Night Porter」では、ロンドンの現代写真家における日本写真の影響を紹介。

また、フランス大使館主催による「日本とフランス、共に明日に向かって」には、篠山紀信、田原桂一、川内倫子、長野陽一、Phillip Chancel、Jean-Luc Vilmouthほか、日仏の写真家8名が参加。日仏のフォトグラファーが見た東日本大震災の写真が展示され、収益の一部は被災地復興へ向け募金される。

『Tokyo Photo 2011』は、東京ミッドタウンホールA(港区赤坂9-7-1 B1F)にて、9月23日(金)~25日(日)まで開催。開催時間は23日、24日が11:00~20:00、25日が11:00~18:00。

※画像クレジット Ryan McGinley "Butterfly", 2010 Image courtesy of Ratio 3, San Francisco

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ