現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

哲学の自然(atプラス叢書03)

『哲学の自然(atプラス叢書03)』カバーデザイン 著:中沢新一、國分功一郎

価格

1600円+税

判型

四六判フランス装

ページ数

248ページ

ISBNコード

9784778313456

搬入年月日
[?]

2013.3.08
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

書籍の説明


3.11以降の新しい「自然哲学」は、「哲学の自然」を取り戻す試みであり、自然も含めた民主主義(まさに「どんぐりと民主主義」! )を目指す運動である。


哲学は、自然について考えること、自然を発見することによって始まった。アリストテレスは最初の哲学者たちのことを「自然について語った人々」と呼び、「神々について語った人々」と区別することで彼らを定義している。(中略)新しい自然哲学は、「自然環境」という意味での「自然」をも含み込んでいなければならない。広い意味でも、狭い意味でも、自然なるものにアプローチする新しい哲学が必要なのだ。――國分功一郎「まえがき」


問われているのは、民主主義とは何かという本質的な問題です。ギリシアの時代から、民主主義には特殊利害を共同利害にすり替えるという問題がつきものです。ギリシアでは奴隷も女性も民主主義から排除されていました。これはいまの民主主義でも同じです。なにせ民衆と動植物が入っていないんだから。――中沢新一「第IV章 どんぐりと民主主義」

☆☆☆

【目次】

まえがき 國分功一郎

第I章〈原子力時代〉から先史(プレヒストリー) の哲学へ
グリーンアクティブともうひとつのインターナショナリズム/原発信仰と「贈与性」の抹消/「市場(イチバ)」から「市場(マーケット)」へ/ハイデッガーの技術論と量子力学/哲学と考古学の出会い/人間と自然の最適解/ラジカリズムと「普通」のこと

第Ⅱ章 新しい自然哲学に向かって
原発に対置されるべき原理とは何か/ハイデッガーと東洋の賢人/ピタゴラス的転回とイオニア自然哲学/幾何学と数学の起源/自然の脱構築不可能性/ラスコー壁画と芸術の起源/二一世紀の自然哲学/祝島モジュールと群島モデル

第Ⅲ章 野生の科学と「不思議の環」
デモと花火大会/脱原発のロードマップ/自然史過程と弁証法/野生の科学と「不思議の環」/「語り得ぬもの」にノックする/社会は複雑だということ/エドマンド・リーチのレヴィ=ストロース批判/ふたたび、人間と自然の最適解について/ニヒリズムを超えて

第Ⅳ章 どんぐりと民主主義
道路問題から民主主義を考える/自然との民主主義と非敵対的矛盾/政治的なものの再興/具体的なものと場所性/民主主義と直観知/後記

あとがき 中沢新一

〈関連作品〉

  • atプラス32(吉川浩満編集協力)
    atプラス32(吉川浩満編集協力)
    ベンジャミン・クリッツアー 井上智洋 吉川浩満 國分功一郎 山本貴光 平野徳恵 木島泰三 朴沙羅 柴田英里 栗原康 片岡雅知 稲葉振一郎 粥川準二 諫早庸一 飯島和樹
  • atプラス24
    atプラス24
    いがらしみきお 中島岳志 中田考 亀井伸孝 佐藤優 原武史 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 小泉義之 山崎亮 岩沢蘭 橋爪大三郎 鈴木一誌
  • 暇と退屈の倫理学 増補新版
    暇と退屈の倫理学 増補新版
    國分功一郎
  • 統治新論――民主主義のマネジメント
    統治新論――民主主義のマネジメント
    國分功一郎 大竹弘二
  • atプラス21
    atプラス21
    いがらしみきお 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 小林節 山崎亮 岩野卓司 松本卓也 柄谷行人 橋爪大三郎 白井聡 辻信一 鈴木一誌
  • atプラス19
    atプラス19
    周防正行 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 山崎亮 斎藤環 木村草太 松井茂記 松本卓也 海渡雄一 港千尋 鈴木一誌
  • atプラス17
    atプラス17
    三枝孝之 中野剛志 勝山実 國分功一郎 大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 木村草太 村上稔 綿野恵太 鈴木健
  • atプラス16
    atプラス16
    中沢新一 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 孫崎享 宮台真司 山形浩生 水口和恵 水野和夫 田原牧 白井聡 笠井潔 絓秀実 鈴木一誌
  • atプラス15
    atプラス15
    中島隆博 國分功一郎 大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 斎藤環 柄谷行人 橋爪紳也 納富信留 菅原和孝 鈴木一誌 高橋卓志

〈関連ページ〉

〈関連サイト〉