現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす

中村明日美子 (装画)

価格

2700円+税

判型

四六判

ページ数

360ページ

ISBNコード

9784778314415

搬入年月日
[?]

2015.6.06
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

書籍の説明

いま、BLに何が起きているのか?
女性たちを虜にする快楽装置=BLの歴史と本質に迫る画期的評論。

男性同士の恋愛を軸にした一大エンタテインメント・ジャンルであるBL(ボーイズラブ)。
BLは、おもに異性愛女性が作り手・読み手であるにもかかわらず、近年、現実よりもホモフォビア(同性愛嫌悪)や異性愛規範、ミソジニー(女性嫌悪)から自由な作品が生まれている。
本書は、BLの歴史をたどりながらその謎に迫り、作品や作り手・受け手の意識、社会との向き合い方がどのように変化してきたかを、作品分析によって明らかにする試みである。

三浦しをん氏、絶賛。
「“あらゆるひとにとって自由で居心地のいい社会”のありかたを、BLは追求し、提示しつづけている。その事実を、愛をもって冷静に分析した論考。本書を読んで、これからもBLを愛していこうと改めて決意しました!」

目次

プロローグ BL進化論―ボーイズラブが社会を変える?
第一章 「BL進化論」にとってのBL概史
第二章 ホモフォビックなホモと愛ゆえのレイプ? ―一九九〇年代のBLテキストの定型
第三章 ゲイの目線? ―まぼろしの(ような) 「やおい論争」を中心に
第四章 BL進化形
第五章 BLを読む/生きる―女性同士が「まぐわう」フォーラムとしてのBL
結論

対談 溝口彰子×ブルボンヌ「“気持ちいいこと”で社会を変える」
補遺1 理論編 「BL進化論」の理論的文脈
補遺2 応用編 「BL進化論」と映画における男性同性愛

メディア掲載情報

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

大学卒業後、ファッション、アート関係の職につき、同時にレズビアンとしてのコミュニティ活動も展開。1998年アメリカNY州ロチェスター大学大学院に留学、ビジュアル&カルチュラル・スタディーズ・プログラムでのクィア理論との出会いから、自身のルーツがBL(の祖先である「24年組」の「美少年マンガ」)であることに気づき、BLと女性のセクシュアリティーズをテーマにPhD(博士号)取得。BL論のみならず、映画、アート、クィア領域研究倫理などについて論文や記事を執筆。学習院大学大学院など複数の大学で講師をつとめる。本書が初の単著となる。