現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

いまだ、おしまいの地

価格

1300円+税

判型

四六判変形

ページ数

192ページ

ISBNコード

9784778317225

搬入年月日
[?]

2020.9.1
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2020.9.4-

編集部より

講談社エッセイ賞受賞作家待望の新作。特設ページ公開中!

デジタル版はこちら!

  • いまだ、おしまいの地 キンドル版を購入
  • いまだ、おしまいの地をBookWalkerで購入
  • いまだ、おしまいの地をDMMで購入
  • いまだ、おしまいの地をhontoで購入
  • いまだ、おしまいの地をYONDEMILLで購入

書籍の説明

講談社エッセイ賞受賞作家、こだまの最新作!
覆面作家のエッセイ集が9月2日に発売!

集団お見合いを成功へと導いた父、とあるオンラインゲームで「神」と崇められる夫、小学生を出待ちしてお手玉を配る祖母……“おしまいの地”で暮らす人達の、一生懸命だけど何かが可笑しい。主婦であり、作家であるこだまの日々の生活と共に切り取ったエッセイ集。

17年に発表したデビュー作『夫のちんぽが入らない』は20万部を突破し、翌年刊行した『ここは、おしまいの地』は歴史ある文学賞のひとつ「講談社エッセイ賞』を受賞、そして19年には『夫の〜』がNetflixにてドラマ化(タナダユキ監督)され世界へ配信されるなど、デビューから過ぎた怒涛の3年間。

そして2020年、待望の新作として『いまだ、おしまいの地』が発売される。作品が日本のみならず世界へと広がったにも関わらず、いまだおしまいの地で暮らし、いまだ彼女が作家であることを家族は知らないまま。ぜひ、こだまさんの秘密を共有するような気持ちでご一読ください。

★書店員様へ
特製POPをご用意いたしました。以下よりダウンロードいただけます。
ぜひプリントアウトして、販促にお役立てください。
・ダリVer. JPEGPDF
『いまだ、おしまいの地』特製POPダリVer.
・かたつむりVer. JPEGPDF
『いまだ、おしまいの地』特製POPかたつむりVer.
・反響続々Ver. JPEGPDF
『いまだ、おしまいの地』特製POPかたつむりVer.

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

目次

プロローグ もっと悩め/面白くない人/先生と呼ばれる人たち/逃走する人/小さな教会/ちょうどよくなる/その辺に落ちている言葉/嘘つきの血/九月十三日/崖の上で踊る/錆び星/おそろい/メルヘンを追って/ネット大喜利という救い/猫がくれた石/転げ落ちた先も悪くない/探検は続く/郷愁の回収/珍しい苗字の男の子/エピローグ あなたは輝いている

※『Quick Japan』で連載したエッセイを大幅に加筆・修正をした全20篇を収録。

販促物・ダウンロード

右クリック等でお使いの端末に保存してご活用ください。

メディア掲載情報

≫メディア掲載情報の登録