現在のページ(パンくずリスト)
トップ > サブカルチャー > 書籍情報詳細

サブカルチャー

シン・論 おたくとアヴァンギャルド

価格

2,530円
(本体2,300円+税)

判型

四六判

ページ数

256ページ

ISBNコード

9784778318130

搬入年月日
[?]

2022.5.24
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2022.5.25-

デジタル版はこちら!

  • シン・論 おたくとアヴァンギャルド キンドル版を購入

書籍の説明

庵野秀明の「シン・」シリーズは、「おたく」の歴史を踏まえた自覚的な「つくり直し」である。その方法と美学の出自を探る、挑発的芸術論。

戦後の「おたく」表現のフェティシズムや美学の出自は、戦時下に狂い咲いたアヴァンギャルドが、戦後、政治的にウォッシュされたものであるというのがぼくの一貫した主張だが、「シン・」シリーズは、
その美学や方法を「正しく」運用し直し、戦後おたく表現を「修正」する試みなのだ。成田亨ウルトラマンの初期デザインの採用などその際たるものだろう。しかし、それは「特撮」とか「アニメ」とか
戦後のジャンルに必ずしも閉じたものでなく、もう少し広い。その「広さ」が重要だ。 (「あとがき」より)

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

目次

第一章 赤いエッフェル塔の歴史学
1 ローアングルの鉄塔の系譜学
2 「映画」的なものをめぐる見えない運動
3 板垣鷹穂の「映画的」手法
4 「後衛」たちの鉄塔

第二章 第3村問題と郷土映画
1 『シン・エヴァ』に於ける再「物語」化
2 戦時下に育まれた手塚治虫の映画理論
3 『海の神兵』と文化映画実装問題
4 柳田國男のデータベース的映画論
5 郷土巡礼

第三章 原形質と成熟
1 「成長」もアニメ的「動き」と捉える手塚の美学
2 『シン・ゴジラ』という蛭子譚
3 「変身」「変形」への執着
4 エイゼンシュテインの原形質とゲーテの形態学
5 原形質から生成される人造人間

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

国際日本文化研究センター教授。まんが原作者。
著書に『手塚治虫と戦時下メディア理論 文化工作・記録映画・機械芸術』(星海社、2018年)
『大政翼賛会のメディアミックス『翼賛一家』と参加するファシズム』(平凡社、2018年)
『大東亜共栄圏のクールジャパン「協働」する文化工作』(集英社新書、2022年)など。
現在の研究テーマは戦時下のメディア理論と文化工作。

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

  • TOBIO Critiques #4
    TOBIO Critiques #4
    大塚英志 宣政佑 秦剛
  • TOBIO Critiques #3
    TOBIO Critiques #3
    大塚英志 牧野守
  • 感情化する社会
    感情化する社会
    大塚英志
  • TOBIO Critiques #2
    TOBIO Critiques #2
    ヴィヴィアン・ジラール 内田力 堀ひかり 大塚英志 宣政佑 山本忠宏 月岡貞夫 浅野龍哉 滝浪佑紀 王蕙林 秦剛 蔡錦佳 陳騫
  • atプラス27(リニューアル特大号)
    atプラス27(リニューアル特大号)
    ブレイディみかこ 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 山口智美 岡啓輔 星野博美 松本卓也 柄谷行人 栗原康
  • atプラス26
    atプラス26
    ブレイディみかこ 上野千鶴子 佐藤拓哉 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大澤聡 大竹弘二 山田憲史 柄谷行人 藤森照信 鈴木一誌
  • TOBIO Critiques #1
    TOBIO Critiques #1
    ひらりん マーク・スタインバーグ 大塚英志 宣政佑 室井康成 山路亮輔 渡部宏樹 秦剛 蔡錦佳 近藤和都
  • TOBIO Critiques ♯0
    TOBIO Critiques ♯0
    大塚英志 山本忠宏 鈴木賢三
  • トビオ vol.8
    トビオ vol.8
    まろさん ミヤマ 一木信孝 中西潤 名取裕太 多田由美 大塚英志 小川ニヤコ 島村拓也 斉夢菲 朝香のりこ 朴恩永 植木佐和子 永田楓 河豚雲丹 瀬良奈々 竹中紳一郎 綱島夢美 綿貫琢己 金賢珍 長田真希 餅井きなこ 麻生川敬

〈関連ページ〉