INTERVIEW 017 渡瀬マキさん
INTERVIEW 017 Sep.26.2017 NEW

渡瀬マキさん (LINDBERG)

アメリカンガールズロックユニット・PASSPO☆によるインタビュー連載企画! 第17回目のゲストは、渡瀬マキさんです。音楽を始めたきっかけやこれまでの活動についてはもちろん、二児の母でもある渡瀬さんの話にメンバーは大興奮!? 人生の先輩としてタメになるお話をたくさん聞かせてもらいました。

編集=原カントくん、岸野愛 撮影=IZUMI SAITO

1  2  3  4  5

INTERVIEW 017 渡瀬マキさん 写真1
INTERVIEW 017 渡瀬マキさん 写真2
INTERVIEW 017 渡瀬マキさん 写真3
INTERVIEW 017 渡瀬マキさん 写真4

玉井 「渡瀬さんは最初、アイドルっていう形で活動され始めたと思うんですけど、そこからなぜバンドになっていったんですか?」

渡瀬 「最初は、松田聖子さんに憧れていて、私もこういう人になろうって思ってて。オーディションにやっと受かって、高校3年生のときに東京に来たんです。いわゆるフリフリの衣装を着させてもらって、デパートの屋上とかスキー場で歌わせてもらって」

根岸 「イベントスペースみたいな」

渡瀬 「で、それから1年半ぐらい経った頃かな。シングル1枚目の曲をもらって仕事をしているときにはすでに『なんか違うな』って思い始めてて……この曲にはこれっていう決められた衣装さえも嫌になってしまったんです。で、自分の好きな服を着たいと思って、事務所の社長には内緒でボロボロのジーパンとかロックTシャツとか、自前の服を着て歌ったんですね」

PASSPO☆ 「すごい……!」

渡瀬 「当然すぐバレて、社長に『なんでそんなことをするんだ』って言われたんですけど、今がチャンスだと思って『これは私のやりたいことじゃない気がするんです』って言ったんです。そうしたら、『じゃあデパートの屋上はやめてライブハウスで、カラオケやめて生バンドにするか』って言ってくれたんですよ」

PASSPO☆ 「へー!」

渡瀬 「そのあとすぐに、演奏をしてくれるバックバンドのお兄さんたちを探してきてくれて。その中に、今のLINDBERGのギタリストであり、夫でもある平川達也がいたんです。一目見たときから、うちの父にそっくりで、すごく親近感が湧いて。この人やったら信用できるなと思って、書き溜めていた歌詞を渡したら、『次のリハまでに曲付けてきてあげるよ』って言ってくれたんですよ。で、初めてメロディーが付いた自分の歌詞を生バンドで歌ってみたら、私のやりたいことはこれや!って、すごい感動して。彼が、『それならバンドがいいんじゃない?』って、今のベースの川添くんとドラムのCHERRYさんを連れてきてくれて、LINDBERGになったんです」

PASSPO☆ 「すごい!!」

渡瀬 「みんな、すごいなリアクションが(笑)」

増井 「鳥肌立ちました!!」

1  2  3  4  5