現在のページ(パンくずリスト)
トップ > atプラス > 書籍情報詳細

atプラス(あっとぷらす)

価格

1300円+税

判型

A5変

ページ数

200ページ

ISBNコード

9784778314781

搬入年月日
[?]

2015.5.08
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

編集部より

【特集】皇后・沖縄・イスラーム 表紙:原武史

デジタル版はこちら!

  • atプラス24 キンドル版を購入
  • atプラス24をBookWalkerで購入
  • atプラス24をebookjapanで購入
  • atプラス24をhontoで購入
  • atプラス24YONDEMILLで購入
  • atプラス24をZASSHI-ONLINEで購入
  • atプラス24をZINIOで購入

書籍の説明


【特集】皇后・沖縄・イスラーム
原武史+中島岳志   
皇后が支えた近代天皇制――『皇后考』が示したもの

國分功一郎      
辺野古を直感するために――沖縄<辺野古・キャンプ・シュワブ>レポート

中田考+橋爪大三郎  
イスラームとはなにか――イスラームとキリスト教という二つのシステム

【特別寄稿】
小泉義之       
狂気の哲学史へ向けて――行動の狂気と自閉症・発達障害・精神病圏

【連載】
柄谷行人
Dの研究(第2回)原遊動性の回帰

いがらしみきお
誰でもないところからの眺め(第4話)言葉なんかいらない

大竹弘二
公開性の根源(第11回) フランツ・カフカ、生権力の実務家

動く人(第3回)
亀井伸孝
「同化か/隔離か」の暴力にあらがう――文化人類学者に求められているもの

山崎亮
コミュニティデザインの源流(第7回) 聖人トマス・カーライル

大澤真幸
可能なる革命(第17回) 「無知のヴェール」の社会契約とその限界

Review of the Previous Issue
佐藤優 柄谷神学の形成過程――「Dの研究」の射程

デザイン覚書39 鈴木一誌
『atプラス』24号に書いた/語った人たち
編集後記

〈関連作品〉

〈関連ページ〉

〈関連サイト〉