現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

図解でわかる 14歳からのLGBTQ+

『図解でわかる 14歳からのLGBTQ+』 著:社会応援ネットワーク

価格

1,650円
(本体1,500円+税)

判型

B5判

ページ数

96ページ

ISBNコード

9784778317737

搬入年月日
[?]

2021.9.17
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

書籍の説明

“LGBTはSDGsのすべての項目に関わる問題”(元国連事務総長パン・ギムン氏)

国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)とも関わる、「LGBT」や「ジェンダー」について、図解を使ってわかりやすく紹介。
「LGBTQ+って何?」、「LGBTQ+の人ってどれくらいいるの?」、「LGBTQ+だと学校で困ることはあるの?」など、32の素朴な質問に答えるQ&A形式で構成しました。
読んだり、眺めたりするうちに、LGBTQ+がとても身近なテーマに!

巻末には関連用語集も収録。
授業や研修、学習会の教材にも使いやすい1テーマ=1見開き完結式です。

【ひと足早く読まれた方々の声より】
「ファッションやエンタメのことも取り上げられていて、楽しく読み進められました」
「図説やイラスト、写真がたくさん入っていて、眺めるだけでも楽しそう」
「Q&A形式になっていて、知りたいことを調べるのに便利」
「えーっ、今は、男の子も一緒におままごとできるんだ!」
「制服もジェンダーレスに変わってきてるんですね!」
「社会的課題を、こんなにわかりやすく解説してる本は見たことがない」
「私はヘテロセクシュアルなのか。初めて知った!」
「自分らしく、の本質がわかる本」
「世界が変わってきているのが、あらためてわかる本」
「紹介してある映画、観まーす!」
「LGBTQ +ってけっこう身近じゃん!」
「バービー人形すげえ!さすが!おもしろい!」

目次

●はじめに 今なぜLGBTQ+について知ることが大切なのか

●PART1 LGBTQ+を自分ごととして捉える
「男らしい」「女らしい」ってどういうこと? /「男」「女」以外に性別ってあるの?/最近よく耳にするLGBTQ+ってなんのこと?/LGBTは聞いたことがあるけれど、Q+とは何を表しているの?/LGBTQ+の人は自分の周りにどれくらいいるの?/LGBT(Q+)という言葉はどのように広まってきたの?/多様な性別って具体的にはどんなものがあるの?/自分のセクシュアリティーをどのように捉えればいい?

●PART2 LGBTQ+と日常生活
LGBTQ+の自覚はいつ頃芽生えるの?/中学生になったら制服でスカートをはかなくてはいけないの?/LGBTQ+だと学校生活で困ることはあるの?/トランスジェンダーの人は学校生活をどうしているの?/LGBTQ+について、学校で学ぶことはできる?/トランスジェンダーは、女子校・大に入ることはできないの?/LGBTQ+の人の就職活動は不利なの?/「あの人ゲイなんだって」って、言っちゃいけないの?

●PART3 LGBTQ+と法律・制度
LGBTQ+の人たちを守る法律はあるの?/同性婚ができる国は世界にどれくらいあるの?/戸籍上の性別は変えられるの?/日本ではLGBTQ+の人を守る法整備は進んでいるの?/「パートナシップ制度」って何?/同性で結婚できなくても、一緒に暮らせればそれでいいの?/日本の男女格差は具体的にどんな部分にあらわれているの?/「性別」による不平等にはどんなものがある?

●PART4 LGBTQ+と文化・表現
LGBTQ+のことで、話題になった動画はある?/LGBTQ+の人々やコミュニティーを象徴するものはある?/多様なセクシュアリティーの人たちが登場するドラマや映画ってある?/「ジェンダーニュートラル」ってどういうこと?/私たちが普段使う言葉もジェンダーの影響を受けているの?/ジェンダーニュートラルでファッションも変わるの?/多様なセクシュアリティーを考えるための漫画や小説はある?/トランスジェンダーの人はスポーツの大会には出られるの?

●コラム LGBTQ+のインフルエンサーたち
1ココ・シャネル 2オードリー・タン 3フレディー・マーキュリー
4ジュディ・ガーランド 5ハーヴェイ・ミルク

●おわりに 誰もが自分らしくいきいきと暮らせる社会に向けて

●用語集&索引

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

全国の小中学校向けの新聞『子ども応援便り』編集室が、2011年東日本大震災直後に被災地の子どもたちを励まそうと、著名人から集めた「メッセ ージ号外」を発行したことをきっかけに設立。以降、心のケアや防災教育、パラスポーツなどの教材・動画作成や出張授業のコーディネートなど、教育現場のニーズに応えた支援活動を行う。自社発行媒体に教職志望学生向けマガジン『EDUPONT』、若者応援マガジン『YELL』など、編集書籍に『みらいの教育―学校現場をブラックからワクワクへ変える』、『いまさら聞けない! 日本の教育制度』(いずれも武久出版)などがある。

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

〈関連ページ〉